facebook

フィレンツェ, イタリア

フィレンツェ – Student accommodation, hostels and coworking spaces in フィレンツェ (イタリア). Maps of フィレンツェ, photos and reviews for each place in フィレンツェ.

Student accommodation - Hostels - Coworking in フィレンツェ (イタリア)

Students, international students, interns, backpackers, roomates and digital nomads can book cheap dorms and safe private rooms in downtown フィレンツェ, close to boarding schools, high schools, colleges, halls of residence and universities, close to buses or train stations, airports or major attractions in フィレンツェ.

All the best deals in フィレンツェ

団体予約

私たちは団体予約を専門としています。
Up to 500 people per reservation!

If you are looking for a student accommodation or a hostel for your group, we are here to help.

さらに探す

Reviews for Backpackers

person icon muted
Mateo
素晴らしい構造を持つ、とても素敵な場所です。他の居住者と個人は非常に同情的でした。その選択をお勧めします!!! PS : スタッフがこのメッセージを読んだ場合は、冷蔵庫がいっぱいになることが多いので、お金と時間があれば冷蔵庫のシステムを大きくしてください。
9.0
とても美しく暖かい場所
person icon muted
Cécile
素晴らしいホステル、とても温かいおもてなし、そして部屋はモダンです!提供されるアクティビティはクールで、 ただし、中心部から少し離れていますが(徒歩25分)、近くにトラムがあります
8.9
素晴らしいホステル、とても温かいおもてなし、そして部屋はモダンです!
person icon muted
marta
便利な場所、価格に適した快適さ。二日目はお湯がありませんでした。
6.4
ニューホステルフィレンツェ
person icon muted
Gonzalo
Este albergue es uno de los más sucios que he estado, dos baños para 30 personas en condiciones infrahumanas. Los que llevan el hostal bastante bordes y antipáticos. Lo mejor las cenas comunitarias que hay me hicieron hacer amigos y pasar dos días estupendos. Lo recomiendo para viajeros que no sean tiquismiquis y quieran conocer gente
5.3
Lugar en condiciones insalubres con buena onda
地区
地区

Landlords and property managers

Register now your property at our brand new Extranet

List your place
フィレンツェ – Student accommodation, hostels and coworking spaces in フィレンツェ (イタリア). Maps of フィレンツェ, photos and reviews for each place in フィレンツェ.

フィレンツェへようこそ

スケッチブックを持ち歩こう: 想像力が掻き立てられるヨーロッパ芸術の中心地にあるホステル。ルネッサンスの都フィレンツェには、壮麗な歴史的建造物と名品が揃う美術館が立ち並び、世界中からバックパッカーが押し寄せます。フィレンツェを訪れる人は、曲がりくねった通りや賑やかな公共広場に魅了されることでしょう。 フィレンツェの街は観光客が絶えない観光都市です。また、美術や美術史を学ぶために、この街で暮らす創造力豊かな留学生の巨大なコミュニティーが存在しています。これが影響し、バックパッカーに人気のバーやレストラン、街の中心にある格安ホステルの充実につながりました。

ミケランジェロ広場に上がる

幸運に恵まれていない限り、ドミトリールームからフィレンツェ市の全景を見渡すことはできないでしょう。ここからの見える景色は、世界で最も有名です。また、ブロンズのダビデ像を含めたミケランジェロの作品のコピーもご覧いただけます。レストランやカフェがありますが、値段が高いので、景色を楽しんだ後は、他の場所でお店を探しましょう。
Climb to Piazzale Michelangelo
Climb to Piazzale Michelangelo

ヴェッキオ橋を渡る

ヨーロッパでも最も素晴らしい橋のひとつ。中世時代に建てられたヴェッキオ橋は、取引や金貸しが行われていた通りとしての長い歴史があります。現在では、橋にはお土産屋や宝石店が並びます。ヴェッキオ橋とピッティ宮殿につながる、メディチ家が建設したヴァザーリの回廊は見どころスポットです。
Cross the Ponte Vecchio
Cross the Ponte Vecchio

カッシーネ公園を散歩しよう

市中心部の西側にあるカッシーネ公園は、アルノ川の北岸に位置します。川沿いを散歩したり、芝生の上でピックニックをしてリラックスしたり、フットボールやフリスビーをして遊ぶのもいいでしょう。世界で一番美しい場所ではありませんが、緑あふれる落ち着いた雰囲気の中、時間を過ごすのもいいでしょう。入場料は無料です。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 (ドゥオーモ)

1436年に完成したドゥオーモは、質素な石で建設された従来の大聖堂とは異なり、壮大な外観が魅力的です。巨大な扉の上には、大理石を使った仕上げ材と絵画が白、緑、ピンクと色とりどりに飾られています。ほとんどのホステルは徒歩圏で、市内中心部に位置する広大なドーム(大聖堂)。フィレンツェで人気の観光名所となっています。
Basilicia di Santa Maria del Fiore (aka ‘Duomo’)
Basilicia di Santa Maria del Fiore (aka ‘Duomo’)

アカデミア美術館

世界的に有名な美術館にはルネッサンス美術を所蔵しています。ミケランジェロのダビデ像は必見です。死ぬまでに見るべき像です。
The Accademia
The Accademia

ウフィツィ美術館

やっぱり美術館ですか?フィレンツェでは、美術館の数々を尋ねることができます。ウフィツィ美術館は美術品の展示だけでなく、すばらしい見どころが満載。ヴィーナスの誕生(Botticelli’s Birth of Venus)とウルビーノのヴィーナス(Titian’s Venus of Urbino)などの名作も収蔵されています。驚くほど豪華な廊下は必見です。
The Uffizi
The Uffizi

ガリレオ博物館

ルネサンスは芸術や彫刻だけではありません。先駆的な天文学者と発明家に捧げられたガリレオ博物館で、科学革命について学びましょう。地球儀と望遠鏡のコレクションや映画、体験型の展示をお楽しみいただけます。
Galileo Museum
Galileo Museum

ボーボリ庭園 (とバルディーニ)

美術館巡りを十分に楽しんだら、アルノ川を渡って、トスカーナの有名な庭園を訪れましょう。水に囲まれた素敵な雰囲気の中で、ルネッサンスの彫刻品鑑賞したり、並木道を歩いたりして過ごしましょう。近くのボーボリ庭園からは、フィレンツェの素晴らしい街並みを眺めることができます。豪華なテラスには(値段が高めの)カフェが設けられていて、ゆったりとくつろげます。
Giardino Boboli (and Bardini)
Giardino Boboli (and Bardini)

オルトラルノ

昔は人気がそれほど高くなかったアルノ川南岸にある地域。ルネッサンスの魅力を感じられる観光スポットです。市議会によって新しい交通規制と一斉再生が実施され、細い路地やカフェ、レストラン、ブティックホテルが入った古い建物が存在しています。このエリアには、ユースホステルもいくつかあります。また、ピッティ宮殿とボーボリ庭園も近くにあります。
Oltrarno
Oltrarno

サンタ・クローチェ教会

サンタ・クローチェ教会の通りは、賑やかなチェントロ・ストーリコにあります。素晴らしい景色を見れる場所ではありませんが、ホスピエトラピアーナ通り(Via Pietrapiana)とロレンツォ・ギベルティ広場(Piazza Lorenzo Ghiberti)の周辺では、格安ホステルや地元のレストランとバーが点在しています。西側の地域より安い料金で楽しめます。
Santa Croce
Santa Croce

サン・ロレンツォ

数多くのホステルが並ぶサン・ロレンツォでは、フィレンツェのマーケットが開かれています。フィレンツェ最大の屋内食品市場、フィレンツェ中央市場(Mercato Centrale)は、服やカバン、土産などを販売している屋台が並ぶ活気あふれる市場です。南に数ブロック行くと、アート作品やレザー商品、食品が有名なサン・ロレンツォ屋内市場があります。
San Lorenzo
San Lorenzo

フィレンツェのニューイヤー (3月)

フィレンツェの新年は、以前は1月1日ではなく、3月25日(お告げの祝日)でした。現在では正式なニューイヤーは1月1日ですが、その古い伝統が続き、サンティッシマ・アヌンツィアータ広場の教会の周辺でストリート市場や色鮮やかな行列が見られます。
Florentine New Year
Florentine New Year

カルチョ・ストーリコ (6月)

中世風の衣装を着た地元の地域からの4チームが、サンタ・クローチェ広場でラグビー、フットボール、レスリングを競い合います。ストリートパーティーやパレード、花火で盛大に祝う洗礼者ヨハネの祝日に開催されます。ホステルを予約するには最適な時期です。
Calcio Storico (June)
Calcio Storico (June)

リフィコローナ祭 (9月)

9月7日に開催される‘ちょうちんのお祭り’。暗闇に輝くライトの光の中で不思議な雰囲気を楽しめます。サンタ・クローチェ広場からサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場まで市民や観光客、バックパッカーが色鮮やかな行列に参加し、聖母マリア生誕の日の前夜を祝います。

スコッピオ・デル・カッロ (イースター)

ここフィレンツェでは、数世紀前から使われている台車に花火を積み、通りを駆け抜け、ハトの形をした花火を教会から打ち上げ、イースターを祝います。ドゥオモ広場で一緒に盛り上がりましょう。
Scoppio del Carro (Easter Sunday)
Scoppio del Carro (Easter Sunday)

Musica dei Popoli (10月)

1979年から続くコンサートで、スペインからパキスタン、ペルーまで世界中のフォークとワールドミュージックのアーティストが参加しています。チケットはおよそ€10-15で、FLOGホールで開催されます。
Musica dei Popoli
Musica dei Popoli

ネクステック (9月)

3日間に渡り開催されるデジタルアートと音楽の祭典のチケットを予約して参加しましょう。カッシーネ公園に近いStazione Leopoldaで開催されます。サン・ロレンツォのホステルが便利な立地にあります。
Nextech (September)
Nextech (September)

テンポ・レアーレ・フェスティバル (6月)

バックパッカーにとって大切なのは、隔たりをなくしていくことです。テンポ・レアーレ・センターで大胆な実験音楽のプログラムに酔いしれましょう。ショーのチケットは€5-€10で、挑戦的で型破りのパフォーマンスをお楽しみいただけます。

Da Vinattieri (ダ・ヴィナッティエリ)

ハーブとチリソースをトスカーナのパンに挟んだトライプのサンドウィッチ、ランプレドット(lampredotto)で有名なランチを楽しめるお店です。€5以下で美味しい屋台の食べ物を味わうことができます。(他の種類のサンドウィッチもあります。)

Kitsch Deux (キッチュ・デュ)

アペリティーヴォ(aperitivo)とは、食前のお酒を楽しみながらいただく、軽いスナックのビュッフェのことです。夕方、早めに(8pm前)Kitschに到着するようにして、お酒と食事を楽しみましょう。全品€10です。料理の質は期待できませんが、バックパッカーにとって満足できる値段です。

I’Pizzacchiere

イタリアで安くて美味しい料理をお腹いっぱい食べたいなら、ピザを食べに出かけましょう。ヴェッキオ橋の近くにあるお店で、マルガリータはわずか€6.50ほどです。

Da Nerone (ダ・ネルボーネ)

ディナーの時間帯には営業していませんが、中央市場にある小さな場所で、ボリューム満点の新鮮なパスタ、サラダ、最高のパニーニを驚きの値段で食べれます。値段は、€4-€7くらいです。
Da Nerbone
Da Nerbone

Il Frittino

あなたの知っているフィッシュ・アンド・チップスではありません。揚げ物が食べれるフッジトリア(friggitoria)では、巨大なfrito misto(別名、シーフードの唐揚げ)や美味しいフライドポテトもあります。

アーキア醸造所

アーキア(Archea)は決して安くはありませんが、クラフトビールが楽しめるバックパッカーに人気のスポットです。イタリアの地ビールはもちろんのこと、国際的なフェアも行われ、様々な人種の観客が集まります。

OFF Bar (オフ・バー)

Giardini Fortezza da Bassoの湖の近くにあるお店。アウトドアバーと音楽の会場があり、お酒やビュッフェをライブ音楽を楽しめるリラックスした雰囲気の中で味わえます。

Le Volpi e L'Uva (レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ)

エノテカ(enoteca)はオルトラルノのホステルから便利な立地にあります。小規模で個人経営のワイナリーからのイタリア製のワインを取り揃えています。値段もお手頃です。
Le Volpi e L'Uva
Le Volpi e L'Uva

Volume (ボリューム)

オルトラルノの工房として使われていた建物にあるクールなバー、Volume。リラックスできる雰囲気の中で、ワインやカクテル、スナックを味わいながらライブミュージックを楽しみましょう。サント・スピリト広場周辺の風変わりなスポットもチェックしてみましょう。

Tenax (テナックス)

ナイトクラブを思いっきり楽しめる、フィレンツェ最大のテクノとハウス音楽のクラブ。Tenaxでは、DJの演出が地元の観客を盛り上げます。

中央市場 (メルカート・チェントラーレ)

年配の市民からピクニック用の食材を買い出しに来るバックパッカーまで、誰もが訪れる巨大な市場。中央市場はトスカーナの良質な食材を揃えており、訪れる価値のあるレストランが並びます。お腹も満たされ、目の保養にもなります。
Mercato Centrale
Mercato Centrale

蚤の市

素敵なチョンピ広場で行われるアンティークと骨董品の市。露店を巡りながら、静かな午後のひとときを過ごしてみるのもおすすめです。月曜日から土曜日まで開催されており、毎月最終日曜日には大規模市場に変わります。
Mercato delle Pulci
Mercato delle Pulci

L’Arte dei Ciompi

ポストカードや鉛筆、革表紙のノートなど、ハンドメイドの文房具を販売するおしゃれで小さなお店。ぜひ、旅のお供に日記帳を手に入れましょう...

お得に博物館巡り

フィレンツェには数多くの博物館がありますが、毎月第一日曜日は無料開放日になります。混雑を避けるために早めに到着するようにしましょう。

無料の食事

観客向けに無料で食事を提供しているフェスティバルを見つけて参加してみましょう。8月に開催のサン・ロレンツォ祭では、ラザニアとスイカをサン・ロレンツォ広場で無料で配布しています。また、試食品を提供している中央市場のお店もありますが、あまり期待しすぎないように!

もつ煮込みを食べてみよう

安く食事をするなら、フィレンツェの名物料理のランプレドット(lampredotto)がお勧めです。牛の胃袋を調理した料理に抵抗があるかもしれませんが、バックパッカーなら挑戦してみてはいかがでしょう。食べやすく、ランチにぴったりなメニューです。

空港 Florence is served by one international airport, so if you’re flying from outside Italy you’ll arrive at Amerigo Vespucci (you may also see it referred to as Aeroporto di Firenze-Peretola). To reach the city centre hostels get the Vola in Bus shuttle to Santa Maria Novella train station. It runs every half-hour during the day and every hour in the evenings. The service stops at 1am. A single costs €6, and the journey takes 20-30 minutes. Alternatively, hop in a taxi – it’s a €20 fixed rate, rising to €23 at night. 電車 ハブ駅と呼ばれるサンタ・マリア・ノヴェッラ駅(Firenze SMN)は、市内中心部にあります。ボローニャ、ピサ、ローマ行きの高速鉄道の利用に便利で、ローカルバスのハブ駅となっています。 国際鉄道で到着すると、SMN(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)の東に少し行った場所にあるカンポ・ディ・マルテ駅に到着します。2駅間は、電車やバスで移動できますが、電車の方がフィレンツェの渋滞に巻き込まれにくいので、お勧めです。 バス Eurolines社の国際バスとSITA社の長距離バスは、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のすぐ近くから出発します。 交通機関 You can ride local ATAF buses on 90-minute tickets, which allow unlimited travel on multiple buses within 90 minutes of validation. They’re also available in multi-tickets, allowing you four 90-minute periods. It’s cheaper to buy your ticket in advance – they’re widely available from newsagents, bars and major stations (look for ATAF stickers in windows). Remember to validate your ticket when you board the bus. 日中のフィレンツェは、道が混雑するので、バックパッカーはできるだけ歩くようにしています。フィレンツェの中心は小さく、景色も素晴らしいので、歩いて観光したほうが早く移動できる場合もあります。 電圧: 220 ボルト。Many modern sockets are for slim three-pin plugs, but the familiar European two-pin style will usually work in them. 電話:イタリア国番 +39、フィレンツェ市外局番 55 通貨: ユーロ 言語: イタリア語。主要な観光エリアでは、英語も使用されています。 観光案内 本店: APT Firenze, Provincia di Firenze, Via Cavour 1r, Florence, 電話 055 290832 空港支部: Terminal 1, Aeroporto "A. Vespucci", Florence, 055 315874 郵便局: Via Pellicceria 3 共和国広場(Piazza della Repubblica), Florence 病院: Hospital S. Maria Nuova (サンタ・マリア・ヌオーヴァ病院) Piazza S. Maria Nuova 1, Florence, Tel 055 27581 Policlinico di Careggi Viale Morgagni 85, Florence, 電話 055 4277111 緊急時の電話番号 警察: 113消防: 115救急医療: 118 営業時間:小さいお店や観光名所から離れた場所にあるお店は、お昼に昼休みがあります。おおよその営業時間は、9.30-13.00と15.00-19.00です。バーは、03.00まで営業しています。