ホステルでぐっすり眠る方法

投稿日 2016/10/19

ホステル - ホステルでぐっすり眠る

市内中心部のホステルのドミトリーを共有しますか?それなら、他のバックパッカーの行動に関係なく、必要な睡眠を取る方法をお教えしましょう…

1. 個室(またはそれに近い部屋)に泊まる

Going private is less expensive than you might think, particularly if you choose a less central hostel or club together with friends to get a mid-size en-suite room. Basically, if sleep really matters to you don’t just plump for the cheapest dorm bed on offer - weigh up your finances and the hostel’s rates and see what you can realistically afford.個室を利用すると騒音や照明などをコントロールすることができます。しかし、防音壁を備えたホステルでない限り、部屋の外の音は聞こえるでしょう。

2. Tool up

What do you do when you’re trying to get some kip on an overnight flight? You grab the amenity kit and break out the earplugs and eye-mask. Do the same in the dorm. If you know you’re a crazy light sleeper and you can’t afford private rooms, invest in some good reusable earplugs before you hit the road - it’ll be much less hassle than constantly re-upping on disposable foam or silicone plugs. As for eye-masks, you kept the one from the flight, obviously…

3. Get a good routine

‘Routine’ sounds like the kiss of death for a backpacking trip. But we’re not talking about every single night - just the ones where you aren’t out partying and you want to catch up on your kip. Take a shower before you turn in; make yourself a cup of herbal tea or hot chocolate (no caffeine, obvs); read quietly for an hour. Whatever works.

4. 過ごしやすい空間を作る

マットレスさえあれば、場所を問わず眠ることができる旅行者もいますが、不眠症が心配なら、自宅にいるような快適な空間を作りましょう。寝床が心地よい雰囲気となるように色々な工夫をしてみましょう。例えば、壁に本を並べたり、ベッドの枠にビーズやスカーフを結んだりしてみてはいかがでしょう。ベッドをお気に入りの可愛らしいぬいぐるみで飾り付けている旅行者も見かけたことがあります。写真を飾ったり、あなたのお好みにアレンジしてください。また、粘着剤などを使う時は注意するようにしてください。ドミトリーの壁に油で汚れた印を残すのはやめましょう。

5. 説得的になる

ホステルのドミトリーは、共用スペースです。共用スペースでは、時には交渉が必要になります。他の旅行者と交流したり、親切に接することを心がけ、迷惑になるような行動は控えましょう。相手に礼儀正しく(あるいは断固として)お願いすれば、心地よく静かに過ごすことができるはずです。ホステルに到着するやいなや相手にたくさんの要求を浴びせることはやめましょう!