基本的な医療情報: バックパッカーに必要な救急キット

投稿日 2016/10/19

ホステル - ファーストエイドキット

 

While it’s good to be prepared, you can go overboard with your travel meds pack - some backpackers rock up to their hostel with a whole pharmacy in tow, including nice-to-have but non-essential items like vitamin tablets and cough lozenges. We think the six items below are the foundation of a travel first aid kit, obviously supplemented by any regular medicines you’ve been prescribed and any destination-specific items you need, such as antimalarials and altitude sickness pills.

Rehydration medicines (例 Dioralyte): Remember: only take medicines that stop diarrhoea if it’s absolutely essential. The rest of the time you’re better off letting things run their course - your body’s trying to get rid of the bug, so allow it to do its thing, unpleasant as it is. Just keep topping up your fluids with water and rehydration products.

下痢止め (例 Imodium イモジウム): That said, do carry some anti-diarrhoea meds for those occasions when you do need to stave it off for a while. But be sensible – it’s a good idea to pop these before a long flight or bus journey, but don’t break them out so you can go partying. If you’ve got the runs, you’ve got the runs; stay in the dorm and rest up.

除菌用ウェットティッシュ: きちんとした洗浄の代用にはなりませんが、綺麗な水がない場所で軽い切り傷の手当てに役立ちます。小さな切り傷はあまり心配する必要はありませんが、感染した切り傷の症状は悪化する可能性があります。傷口を拭いて、包帯や絆創膏(下記参照)で覆い、清潔に保つようにしてください。綺麗な水がある場所を見つけたら、直ちに傷口を洗いましょう。

絆創膏やガーゼ: 再度になりますが、感染を抑制します。やむを得ない場合を除き、必ず使用するようにしてください。自宅での応急手当てには安物の絆創膏でも構いませんが、旅先では質の良いものを選びましょう。

鎮痛剤と解熱剤(例 パラセタモールとイブプロフェン): 風邪やインフルエンザ、軽い発熱、アレルギー反応、捻挫、翌朝のつらい二日酔いの症状に効く薬。高熱や深刻なアレルギー反応が出た場合には、医師の診察を受けてください。

虫よけ剤: マラリア菌を持った蚊を防ぐだけでなく、西アフリカ海岸やフィンランドの湖、イギリスのビアガーデンのような場所で虫さされから守ります。虫に刺されると、不愉快な思いをしたり、敏感な方は、ひどいかゆみが生じます痒み。