日本の飲酒文化についてのビギナーズガイド

投稿日 2016/04/22

ホステル - 日本

 

While the drinking scene is very rarely as formal as Japanese professional life, there are a few customs and regional variations that are worth understanding. The flipside is that locals go hard – so once you’re in the swing of things, you’re guaranteed a great night out. Here are five things you need to know about drinking in Japan初めて日本を訪れると、日本には2つの面があることに気づきます。刺激的で不思議な気分と同時に、快適で不可解な気分を味わいます。現地でナイトライフを楽しむためにホステルから出かけるとその気分は2倍になります。…

1. 中途半端な行動ではありません

日本人は夜が終わるまで仲間と一緒に行動し、お酒を楽しみます。解散時まで仲間と一緒に付き添い、お酒を飲みながら気を失ったり、眠ったりする人もいます。騒いだり、お酒を勧めたりするのは良いですが、相手には、失礼のないように接することを心がけましょう。

2. お酒と共に食事も楽しめます

日本人の多くは居酒屋でお酒を楽しみます。日本の居酒屋は、イギリスのパブと比べて食事のメニューが豊富です。日本人はお酒を飲みながら食事を楽しむことが多く、金曜日の夜の焼き鳥屋は賑わいを見せます。日本にある多くのバーにはそれぞれのテーマがあり、ジャマイカのバーやコンピューターゲームがテーマのバーなど様々です。日本ではカラオケがとても人気で、友達同士で集まって、お酒飲んだり日本の感傷的なラブソングを歌いながら盛り上がります。

3. ビールとウィスキーのルール

Contrary to what you might think, sake is not widely drunk, rarely served hot 醸造業の急成長にもかかわらず、ほとんどの日本人は、職人ビールの常陸野ネストよりもプレミアム・モルツやスーパードライのようなよく知られているブランドを好みます。年配の男性は、ウィスキーやお米を原料とする焼酎を飲みます。酒は旅館や京都の特別な懐石レストランで提供されています。

4. 大阪のパーティーのようなパーティーは他にありません

ホステル - 大阪のパーティー

 

From the heated ‘pubs’ of Hokkaido in the far north to the outdoor social scene of Okinawa in the south, Japan’s drinking culture has some surprising regional differences. While Tokyo has everything that you would expect from a big city, the crown for the most exciting drinking culture goes to Osaka. Tag along with a group of laid back Osakans on a bar crawl and hit up some kushi katsu places for beer and fried things on sticks. From there, you could go for more beers and fried takoyaki, then on to the hip bars clubs in Namba district.

5. 料金は少し割高です

他のアジア圏の国と比べると日本の物価は高いですが、 桁外れに高額ではありません。東京の物価は高めで、バーのビールの値段は¥600から¥950で、カクテルは¥1500から¥2500です。大阪では、ビールの値段は、¥350から¥600で、カクテルは¥700から¥1700です。酒は一杯にあたり¥750以上かかりますが、缶ビールはコンビニで¥250ほどで販売しています。カラオケは一人あたり1時間¥3000で楽しめます。