バックパッカーオススメのお土産4選

投稿日 2017/01/13

旅先でお土産を選ぶのは旅の大きな楽しみの一つです。

通常のツアー旅行では見つけられないようなマニアックなお土産を見つけることが出来るのも

バックアパッカーならではの魅力の一つですよね。

しかしながらバックパッカーの旅には2つの壁が存在します。

1つは、お土産をたくさん入れられるほど荷物に余裕がないこと。

2つ目は、お土産に費やす予算に限りがあるということです。

そんな悩めるバックパッカー達にオススメのお土産選びをご紹介します。

ポイントとしては、お土産はできるだけ小さく、かさばらない物を選ぶこと。

さらに出来ればそこでしか手に入らないユニークなお土産を安く購入したいものです。

それでは、おすすめのお土産を4つ紹介します。

 

①【キーホルダー・マグネット】

定番中の定番ですが、長く人々に選ばれるにはやはり理由があります。

キーホルダーやマグネットはその国・観光地の特徴をよく捉えた

そこでしか手に入らないデザインのものがいっぱい。

どこのお土産店でもズラリと並べられ、見ているだけでワクワクしてしまいます。

スイスのマッターホルンを走る鉄道を型取ったもの、スウェーデンの色とりどりのダーラナホースのキーチェーン、

韓国の民族衣装をまとった人形のキーホルダーなどなど。

マグネットは冷蔵庫に鎮座させるもよし、キーホルダーにはカギをぶら下げるもよし。

身近に触れる場所にあると、ふとした瞬間に買った時のことを思い出し、

ノスタルジーな気分に浸る事が来ますよ。

 

②【チャーム付きアクセサリー】

乗車券や入場チケット、硬貨、貝殻、ボトルのキャップ・・・など

その土地でしか手に入れられない記念品を使ってオリジナルアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか?

これらは小さく、唯一無二なうえにタダで手に入る物もあります。

そんな手軽さとは裏腹に、旅の思い出がたっぷりと詰まった最高のお土産になります。

例えば、旅先のホステルで出会った世界中の仲間たちと飲み明かしたアルコール飲料のフタに

穴をあけてチェーン通し、キーホルダーにしたり、

パリの劇場で心打たれた舞台のチケットをラミネート加工してしおりにしたり。

どれも思い出深く、忘れられないものになるでしょう。

普段から愛用していれば周りの人からも注目され、会話のきっかけにもなりますし、

その時のエピソードを思い出しながらまたその土地に思いを馳せるのも良いですね。

 

③【名刺入れ】

名刺入れ?そんなの要らないよ。と思わず、考えてみて下さい。

海外では、名刺入れとして缶製でその土地独特のデザインのものがたくさんあります。

いつかあなたもバックパッカーを卒業し、就職する事があるかもしれません。

その時に日本では見られないようなユニークな名刺入れを持っていたらどうでしょう?

ビジネスシーンにおいて一番大切な、第一印象を決める名刺交換の場で

最高の会話のタネになりますよ!

 

④【ローカルアート作品と生地】

こまごましたものよりもっと大きなものを賢く持ち帰りたいなら、

ローカルアーティストによる作品か生地がオススメ。

例えばオーストラリアの先住民、アボリジニーのオリジナルデザインの布などは

日本で入手するのは困難です。

生地は重さがあるので、旅の最後に買いましょう。

バックパックの奥底に畳んで眠らせ、家に帰ってからクッションカバーや

テーブルクロスなどを作ってみるのはいかがでしょうか。

旅先で路上アーティストの絵や詩に心奪われたなら、迷わず買いましょう。

二度と出会う事はないでしょうから。

普通のお土産とは比べ物にならない程に貴重なものとなりますね。

 

以上、4つのアイデアをご紹介しました。

最後に、商品を購入した後のことを考えてみましょう。

今後何年先も長く飾りたいものですか?

一風変わったコレクション用のお土産ですか?

そうでなければ、買わないほうが無難です。あるいは、一度よく考えてから買いましょう。

訪れた様々な旅先で、旅の思い出にコレクションを収集するのは良いでしょう。

色々な国で手に入れた同じようなものでも、違った種類を10個集めると旅の思い出が倍増します。

そして、カラフルで素敵な陳列が旅の後にも話のきっかけになるはずです。

それも旅の醍醐味ではないでしょうか?