チェックイン日 チェックアウト日

ユースホステル フィレンツェ

Florence, Italie

フローレンス、イタリア語でフィレンツェというとまず思い出すのがイタリアルネッサンスデス.クワトトセント(14世紀)画家、美術館、トスカニーのオリーブ畑、数ある美しいモニュメント、アルノの湖畔のロマンチックな散歩道、これらは本当の『屋外美術館』です。フィレンツェは豊かな歴史を保存し続けるだけでなく近代化を包容する生き生きとした若い都市なのです。

フィレンツェの人口はおおよそ40万人で、トスカニーの首府で有るこの都に毎年何百人もの観光客が訪れます。ここではイタリア語を話し、ユーロで売買します。クレジットカードがどこでも使えるわけではないので必ず使う分の現金はご用意ください。

フィレンツェに移動

フィレンツェにはパリやフランスの各都市(トウルーズ、ニース、ボルドー、ナンテ、マルセイユ) から主要航空会社(エアーフランス、アリタリア、ルフトハンザ)が乗り入れています。直行便はジュネーブ、ロンドン、ブラッセル、リスボン、などフィレンツェ空港,アメリゴ、ヴェスプチ、ペレトラは市内から15分に位置しています。Volainbus というシャトルバスは中心街まで行き、駅までは25分かかります。

イージージェット-ライアンエアーなどの低額航空会社もフィレンツェ  ガリレオガリレイ空港まで運行しフィレンツェからピサまでもっと近くなりました。

電車やバスあるいは車を利用してフィレンツェまで行く事もできます。主な駅はサンタマリアノヴェラで中心街の北西にあります。2つ目の駅はカンポディマルティ街の東に車で10分の所です。


イタリアスタイルの運転は伝説的に有名ですが これに慣れずホリデーにもっとストレスが加わってしまうものですがそれに加えて道路の標識がいつもあるわけではありません。ほかもそうですがフィレンツェではPVは市の財源でその数字には驚かされます.フィレンンツェでは1日に1200枚のPVが配布されます。(40秒に1枚の割合)ZTLは限られたゾーンですから 必ず守らねば成りません。許可のある車のみ歴史的センターに巡回できます。ダウンタウンの駐車料金は非常な高さでひとは車を使わなくなるでしょう。ですからできるなら車を市外に置き、足であるって下さい.フィレンツェの歴史的中心地はあまり広くないので簡単なはずです。