ベルリンの見所

ベルリンのアトラクション

ベルリンはその歴史を作った街で 国の歴史そのものです。ベルリンの壁『恥の壁』の残骸に沿って歩いた瞬間なくしてベルリンを訪れたとはいえません。すでにもう20年間今となって遠い過去の象徴ですが、鉄のカーテンは開きつづけて,今小さな石は旅行者に売られています。壁はほとんど無くなってしまいましたが市では29のパネルをもとに歴史の旅を創設しました。
ベルリンのこの歴史の部分に情熱のあるかたは チェクポイントチャーリーのところに壁の博物館はあります。そこは東ベルリンと西ベルリンの国境通過地点でした。この壁は歴史を永遠に展示してくれています。
住所:Friedrichstrasse 43-45,D-10969 Berlin-Kreuzberg

また文献書類センターでは鉄のカーテンの歴史に関する印象深くすばらしい公文書保管書を提供しています。
住所:Bernauer Strasse 111. 13355 Berlin-Mitte

もう一つの見逃せないベルリンの象徴はブランデンブルグゲートで1791年にさかのぼりま、東側にありました。そこまで車で入れませんが,歩行者は自由に行ったり来たりできま す。
芸術にもっと引かれていらっしゃる方は美術館の島へ行かずにはすみません。スプリー川のところにある島で旧美術館、旧国立ギャラリー、などいくつもの美術館が並んでいます.歴史に揉まれて破壊されたいくつかの美術館は近い将来修復工事のよていがあります。又ベルリン大聖堂もあります。

歴史と芸術を合わせるならオーバーバウムと東駅のあいだに位置する『東側の美術ギャラリー』へ行かなければなりません。これは屋外のギャラリーで世界中のアーティストの何百ものベルリンの壁の落下に関した作品が集められています。これは1、3キロメートルの長さです.残念ながら、この国立モニュメントギャラリーは公害や落書きでかなりの損傷が及んでいますが,改修の努力が進みつつあります。

心地よい地域を訪れるのでしたらミッテー ウンテルデンリンデン(ベルリンのシャンゼリゼ)側が特にツアーにいいです.ライヒスタッグ のモニュメントは1894年おーぷんしてからにドイツ国会議事堂として使われていましたが、1933年に火事で全焼、1999年に著名な建築家ノーマン フォスターによって設計され再建されました。

ベルリンにあるテレビ塔は一番高い塔で、すばらしい街の眺めが見られます.そして203 から207メートルのパノラマは2階ぶんの高さのモニュメントがみえます。

サッカーファンの方は2006年のワールドカップの主催地であったベルリンオリンピックスタジアムをおすすめします。