ベルリンの壁を訪れるバックパッカー向けのガイド

投稿日 2016/03/29

ホステル - ベルリンの壁

 

ベルリンの壁は、1961年から1989年までドイツの首都を東と西に分けた世界で最も厳重に防備された境界線です。多くのバックパッカーが訪れる人気の観光名所ですが、ベルリンの壁が崩壊してから四半世紀以上経過しているため、東西の分裂がベルリンに与えた影響や足跡を辿りながら散策してみましょう。下記の施設は入場無料で、東西ドイツの分裂と遺産を知ることができます。今年ベルリンを訪れる予定の方にオススメの場所です。アクティブな方は、市内の壁沿いに160km続くMauerweg (壁の道)を自転車で回り、下記の施設を立ち寄るのも良いでしょう。

ベルリンの壁記念館と資料館 (Berlin Wall Memorial and Documentation Centre)

ベルナウアー通り(Bernauer Straße)にあるベルリンの壁記念館と資料館。記念館には、内壁と外壁、見張り塔、管理道路など、短い範囲にわたり要塞が1980年代のまま維持されています。1キロメートルに及ぶ野外展示場では、東西の分裂についての通りの歴史を学ぶことができます。資料館には無料の展示室があります。ビジターセンターには、本屋があり、ベルリンの壁の歴史についての入門映画が上映されています(英語もあり)。

イーストサイドギャラリー (East Side Gallery)

One of the most iconic sights in Berlin, the イーストサイドギャラリー is the longest remaining stretch of the Berlin Wall. It runs between Ostbahnhod and Warschauer Straße stations along the banks of the River Spree. In the 1990s a number of artists were invited to turn the stretch of the wall into the world’s largest open-air gallery, and the murals painted there have been restored a number of times since. It has also been used in recent years for temporary exhibitions reflecting on other divided cities around the world.

涙の宮殿 (Tränenpalast)

フリードリヒ通り(Friedrichstaße)駅にある‘涙の宮殿’は、鉄道を利用して東ベルリンと西ベルリンの間を移動する旅行者の通過地点でした。駅の旧出発ロビーは、東西ベルリンの境界と分裂された街に暮らす人々をテーマとした無料の展示会として使われています。さらに、東から西に逃れた人々の記録も残されています。触れられています。

壁公園 (Mauerpark)

The Mauerpark runs north from Bernauer Straße alongside the Friedrich-Ludwig-Jahn stadium. Once a goods station, the former railway lines became part of the no-man’s land of the Berlin Wall during the years of division. A few traces remain, including the stretch of inner wall by the stadium now used by street-artists for practice, and the park has become one of the city’s most beloved green spaces with a weekly flea market and open-air karaoke sessions when the weather is fine.

Everyday Life in the GDR

A short walk from the Bernauer Straße memorial and Mauerpark is the Kulturbrauerei, a former brewery that was turned into a cultural centre in Prenzlauer Berg. Alongside the bars, restaurants and venues housed in the complex is a free museum called ‘Everyday Life in the GDR’, which gives you a sense of what it was like to live in East Berlin, behind the iron curtain.